アルバイト・パートでもクレジットカードの審査に通る?

アルバイト・パートでもクレジットカードの審査に通る?
クレジットカードと言うのは、誰でも申し込めば作ることができるわけではありません。それぞれの会社独自の審査があり、その審査に通過しなければカードを手にする事は出来ないのです。

特にアルバイトやパート収入のみの方だと審査に通りづらいと言われています。

しかし、アルバイトだから、パートだからと、諦める必要はありません。

アルバイトやパートの方でも作ることのできるクレジットカードもありますし、審査に通りやすくするために押さえておくべきポイントもあります。

今回は、クレジットカードの審査で重視されるのはどのような点なのか、アルバイトやパートの方でも審査に通過するカードとはどの様なものなのか、などについて見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

1.クレジットカードの審査とは?

クレジットカードの審査基準というのはそれぞれの信販会社で違ってきますが、基本的には以下のことを重点的に審査されることになります。

・安定した収入
・勤続年数
・居住形態
・個人信用情報

この他にも、家族構成や勤務先、年齢などの個人情報も伝えることとなりますが、クレジットカード会社が一番心配しているのは、カードを利用した後にきちんと返済してくれるかどうか、という点なのです。

ですから、安定した会社で長く勤めている正社員で、今後の収入も確実だと思われ、過去に延滞などの記録がなく、直ぐに行方不明にならないような持ち家の方を好む傾向にあります。

この様な点から考えると、アルバイトやパートの方は収入や勤務先の部分でこの基準に当てはまらなくなってしまいます。ということはアルバイトやパートの方はクレジットカードの審査に通過することはは出来ないのでしょうか?

2.アルバイト、パートに対するカードの審査

アルバイトやパートは収入がは低い傾向にありますね。また、正社員と違って、会社の経営状況が悪くなれば、一番先にクビを切られてしまうのも、アルバイトやパートの方です。

自ら転職や退職も、正社員よりフリーターの方が行いやすいですね。そのため、クレジットカードの審査を申し込む時点では月収30万円あったとしても、来月退職し収入が0円になっていることも充分考えられます。

これらの理由から、もしもアルバイト収入が正社員の方よりも高い場合でも、その収入が継続的に得られるかどうかは分からないため、どうしてもアルバイトやパートの方に対しての審査は厳しくなってしまうのです。

もしこれが正社員だとすると、クビになる可能性はアルバイトよりも低くなりますし、安定した企業に勤めているのに突然転職をすることになると言うことも少ないでしょう。

さらに公務員だと、クビになる可能性はより低くなるため、クレジットカード会社の審査には通過しやすくなるのです。

また、即日融資で人気の高い、消費者金融のカードローンの審査も同じなのですが、アルバイトでも「日雇いバイト」の場合は審査より厳しくなります。
アルバイト・パートの即日融資!日雇いでも借りられる? – 即日融資24
日雇いバイトだと安定した収入として認められないことが多いのですね。

3.アルバイト、パートの方がクレジットカードを作るには

アルバイト、パートの方のクレジットカード審査は厳しくなってしまいますが、いくつかのポイントを押さえておくと、審査に通りやすくする事も可能です。諦めずにポイントを押さえて審査に申し込みを行えば、アルバイトやパートの方でもクレジットカードを手にする事は十分可能なのです。

そこで、アルバイトやパートの方が申し込む際のポイントとはどの様なものなのか、お話していきたいと思います。

①銀行系以外のクレジットカードへ申し込む

銀行系のクレジットカードと言うのは、比較的低金利で利用しやすいものとなりますが、その分審査が厳しい傾向にあります。

もし配偶者の収入で主婦が申し込むのであれば、配偶者の収入さえ安定していれば問題ないのですが、申し込み者本人のアルバイトやパート収入のみで申し込むのは避けた方がいいでしょう。

絶対にカードを作ることが出来ないわけではありませんが、審査に通過するのは難しいものと考えられます。銀行系を避け、流通系など審査が柔軟なカード会社へ申し込むようにしてみましょう。

②勤続年数

アルバイトやパートでも、勤続年数が長い場合は今後も安定した収入があることが予測出来ます。この場合は比較的審査に通過しやすくなりますので、勤めてすぐではなく、ある程度長期に渡り勤めてからクレジットカード審査の申し込みを行った方がいいでしょう。

長ければ長いほどいいいのですが、最低でも半年~1年以上の勤続が望ましいです。

5年以上同じ勤務先で勤めている場合は、今後の安定的な収入が予測されるため、審査もそれほど厳しくはならないでしょう。

③収入

それぞれの会社で設定している規準は違うため、一概には言えませんが、100万円以上の年収がある場合に審査に通りやすくなる傾向にあります。

勿論その方の属性や勤続年数等も総合的に判断して行くので、100万円以上あるから大丈夫というわけではありませんが、審査が不安だという方は、100万円以上の年収という目標を達成してから申し込んでみるといいかもしれません。

スポンサードリンク

 

④個人信用情報

過去にクレジットカードを持っていて、延滞をした経験のある方は審査に通るのは難しいでしょう。アルバイト・パートと言うだけでも審査に通過するのが難しくなっているのに、延滞の履歴があると、クレジットカード会社も安心してカードを発行することはできませんね。

過去の延滞履歴と言うのは一定期間を過ぎると消えますので、個人信用情報がきれいな状態になってから申し込みを行うようにしましょう。

また、その逆で、過去にクレジットカードを作ったことがない方と言うのも注意が必要です。

過去に借入の経験がない場合、個人信用情報を開示すると、債務整理などを行った後一定期間を経過した方と同じ真っ白の状態で出て来てしまうのです。

つまり、金融機関としては、借り入れ経験がないのか、債務整理後の方なのか、見分けることが出来ないのです。

この場合、なぜ真っ白なのかという事を調べずに、「真っ白」=「審査落ち」と形式的に行ってしまう金融機関があります。ですから、一度もカードを作ったことがないという方は、携帯電話を分割払いにするなどして、借入の記録を残すようにしましょう。

しかし、この分割払いを1度でも怠ってしまうと個人信用情報に延滞記録が残ってしまうので、さらにカードを作ることが難しくなってしまいます。分割払いをするのであれば、毎月確実な返済を継続して行かなければなりません。

口座へ入金し忘れてしまった、1日だけ遅れてしまった、と言う場合でも、延滞として記録が残ってしまいます。1度でも記録が残ってしまうと、審査に通過しづらくなってしまうので、注意が必要です。

⑤スムーズな在籍確認

クレジットカードを申し込み、審査するうえで、その会社に本当に勤めているかどうかの確認(在籍確認)を行われる場合があります。

この時、在籍がすぐに確認出来ると審査もスムーズに進めることが出来ます。

もし電話受付の方が、今現在不在である状況を「おりません」と伝えてしまうと、在籍していないと勘違いされて審査に通過出来なくなってしまうことも考えられます。

在籍確認があること、もしくは自分あての電話があることを先に電話受付の方に伝えておくと安心でしょう。

⑥同居

実家で家族と同居している場合は、行方不明になる危険性が低いと考えられます。万が一支払いを滞り、本人と連絡不能になったとしても、家族が肩代わりしてくれる可能性もありますね。

その為、一人暮らしよりも、実家で親と同居している方が審査に通過しやすくなるのです。

もし結婚しているのであれば、住まいは賃貸ではなく持ち家の方が審査の通過率は上がりますが、結婚している場合独身よりも支出が多いと判断されますので、年収が少ないと通過するのが難しくなってしまうかもしれません。

⑦キャッシング枠を付けない

キャッシング枠をつけられるクレジットカードがありますが、申し込みの段階ではキャッシング枠を付けない方が審査に通過しやすくなります。

いずれキャッシングも利用したいと考えている場合は、まずはキャッシング枠をつけずに申し込み、カードを受け取ってからキャッシング枠を設けるようにしたほうが安全でしょう。

⑧誤字、脱字

カード申し込みの際、申込み書の中に誤字や脱字が多く含まれていると印象が悪くなってしまいます。

ミスが多いと言うことは、今後の支払いについても雑になるのではないか、と疑われてしまうのです。また、申込み書を機械で自動審査する場合にはじかれてしまい、審査落ちとなってしまう場合もあります。

申込み書には、丁寧な文字で正確に記入し、間違いがないかどうかの確認を必ず行いましょう。

⑨多重申し込み

なかなか審査に通過しないからと、様々なクレジットカード会社に一度に申し込みを行うと、多重申し込み者となり、更に審査に通過出来なくなってしまいます。

クレジットカードの申し込みを行ったという記録も個人信用情報に残ってしまうので、1度申し込んでダメだった場合は半年以上期間を開けてから再度別の会社に申し込むと安全でしょう。

1度に複数の申し込みができないので、審査が不安だけれどカードが欲しいと思った場合は、次に述べるような審査が柔軟なクレジットカードを選ぶといいかもしれません。

4.審査に通過しやすいクレジットカード

アルバイトやパートの方でも比較的審査に通過しやすいと言われているクレジットカードについてご紹介したいと思います。

勿論誰でも作ることが出来るわけではありませんが、他のクレジットカードに比べ審査は柔軟となっていますので、最初の1枚として持つには最適ではないでしょうか。

楽天カード

人気、知名度共に高いのが楽天カードです。ポイントも貯めやすく、年会費も無料の為、作っておいて損はないでしょう。審査も柔軟なので、アルバイトやパートの方でも申し込むことが出来ます。

イオンカード

イオンから発行しているイオンカード。こちらも年会費無料で審査も柔軟になっています。毎月5のつく日は5%offとなったり、ショッピングの度にポイントが加算されるなど、イオンでの買い物がとてもお得になる便利なクレジットカードです。

カードを利用しなくても、提示するだけで割引になる場合もありますので、イオンをよく利用するという方は作っておくといいでしょう。

ACマスターカード

大手消費者金融のアコムが提供するクレジットカードです。クレジットカードとしてのポイントや割引などの特典は特にないのですが、誰でも作りやすいクレジットカードとして有名です。

年会費も無料で、審査は最短で30分という速さで終了します。即日発行も可能なので、急いでいる場合でも便利ですね。

ただし、海外旅行傷害保険やショッピング保険などのサービスは一切ありません。クレジットカードとしてのメリットは高いとは言えないでしょう。

この他にも、「パート、アルバイトの方でもOK」「18歳以上の電話連絡可能な方であれば申し込み可能」と明記されているクレジットカードであれば、審査通過率も高いと言うことが窺えますので、アルバイトやパートでクレジットカードを作りたいと思っている方は、上記のポイントを押さえた上で、この様なクレジットカード会社へ申し込むようにするといいでしょう。

※アルバイトやパートの方がカードローンに申し込む場合のコツや注意点は姉妹サイトのカードローン部をご覧ください。

このページの先頭へ