クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組み
クレジットカードと言うのは、現金がなくても、欲しい商品を欲しいと思った時に購入可能とさせる、とても便利なものですね。

多少高額な商品でも、利用枠内であればカードを提示するだけですぐに手に入れることが出来てしまいます。そのため、現金を持ち歩かずにカード1枚で買い物を楽しむという方も最近は増えてきました。

しかし、クレジットカードと言うのは実際にはプラスチックで作られただけのものです。それなのになぜショッピングを可能にしてくれるのでしょう?

また、クレジットカードは年会費無料なものが多いのにも拘わらず、様々なポイント還元などの特典がありますね。利用者からお金を回収するわけでもないのにこの様な還元制度はなぜ行う事ができるのでしょう?そもそもクレジットカード会社というのはどのような形で利益を得ているのでしょう?

さらに、クレジットカードを利用できないというお店もありますね。利用できるお店とできないお店の違いは何なのでしょう?

案外疑問も持たずに何となくカードを持っていたという方も多いのではないでしょうか?

今回は、多くの方が利用しているクレジットカードの基本とも言える、その仕組みについてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

1.クレジットカードを利用した際のお金の流れ

お店でクレジットカードを利用した際、おおまかに次のようなお金の流れが発生します。

①クレジットカード会社と提携したお店がカード利用可能の加盟店となる

②カード利用者(お客)は、クレジットカード会社に申し込みをし、カードを取得する

③加盟店でカード利用者(お客)はクレジットカードを提示し買い物をする

④カード利用者(お客)が買った商品の代金は、クレジットカード会社が立て替え、お店に支払う

⑤後日、カード利用者(お客)はその月使った金額をまとめてクレジットカード会社へ支払う

とても単純な流れですが、こうすることでそれぞれがメリットを得ています。ではそのメリットとはどの様なものなのか、次はそれぞれの立場から見た手続きについて触れながらお話していきたいと思います。

2.加盟店、会員、カード会社のメリット・デメリット

クレジット決済と言うのは、お店側(クレジットカード加盟店)・カード利用者(カード会員)・クレジットカード会社それぞれが相互作用することで、成立します。

その上でそれぞれがメリットを得るには、どの様な仕組みがあるからなのか、また、デメリット部分はどのような点なのか、立場ごとの動きを詳しく見ていきましょう。

①お店側(クレジットカード加盟店)

お店は加盟料を支払い(最近は加盟料を不要とする場合も多い)、クレジットカード会社と契約を交わし、クレジットカード加盟店となっているのです。当然クレジットカード会社と契約を結んでいないお店は加盟店にはなれません。

このため、カード利用可能のお店とそうではないお店があるのですね。

本来であればお店側は、商品と引き換えにお客から代金を受け取るべきなのですが、クレジットカード利用可能となっている加盟店では、クレジットカードを提示されると、支払方法(1回払いなのか、2回払いや3回払い、リボ払いなのか)を聞き、署名をもらうだけで代金を受け取った時と同じように商品を渡すことができるのです。

この時点では現金は全く動いていません。

お客が「次お店に来た時に払うので」と“ツケ”で商品を持ち帰ろうとしても、信用する事も出来ませんし、商品を渡すことも出来ませんね。

しかし、クレジットカードの場合は、クレジットカード会社に対する信頼があるため、この様な現金を必要としない商品の取引が可能となるのです。

その代金の支払いは、後にカード会社へ請求し、カード会社から手数料を差し引いた額が振り込まれることになります。

クレジットカード加盟店のメリット

細かい現金を取り扱う煩わしさがなくなる

現金のやり取りがなくなるため、小銭の計算が必要なく、お釣りの渡し間違えなども避けられます。

クレジットカード会社から確実にお金を受け取ることが出来る

万が一買い物したお客が支払い不能となったとしても、クレジットカード会社に請求し、カード会社から回収することになるので確実に代金を受け取ることが出来ます。

クレジットカードを利用したい顧客を集められる

クレジットカード加盟店ではない場合、お客が欲しい商品を見つけたとしても、現金を持ち合わせていないために購入を諦めて帰ってしまうことも考えられます。

クレジットカードを利用することでポイント還元を期待している方や、今現在お金がないけれどカードがあるから買い物ができるという方も、クレジットカード利用不可のお店は避けることでしょう。

加盟店になっていると、この様なお客を呼び寄せ、購入意欲を損わずに高額商品を売ることが出来るのです。

この様な理由から、クレジットカードの利用を可能としているお店は、カード会社へ手数料を支払ったとしても確実な売り上げアップに繋げることが出来るのです。

お金を管理するために要する費用削減

全ての支払いが現金のみで行われ、更に高額商品を多数置いているお店の場合、常にレジには大金が入っていることになります。すると防犯上警備員を雇う必要も出てきますね。
また、多くの現金が出入りすることになると、現金を数える手間も増え、それによって従業員数も増加させなければならないかもしれなく、コストもかかってしまいます。

更に従業員が不正にお金を引きだす危険性も、手元の現金が多ければ多いほど高くなるでしょう。

クレジットカード利用を可能とすることで、このような様々なトラブルを回避し、現金を管理するための費用も同時に削減させることが出来るのです。

クレジットカード加盟店のデメリット

加盟料や手数料が発生

クレジットカード加盟店となるために、クレジットカード会社に加盟料を支払わなければならない場合があります。

また、それとは別に、お客が買った商品の代金をカード会社から回収する際、その金額に対する数%の手数料をカード会社へ支払うことになります。(実際には先に手数料分を差し引かれ、残った額がクレジットカード会社から振り込まれる形となります)

もちろん提携することで売り上げは上がりますので、多少の加盟料や手数料は仕方ありませんが、支払いは少なければ少ないほど嬉しいものですね。

すぐに現金が入ってこない

カード払いの場合、現金は後日振り込まれてくることになるので、商品を売ったその瞬間手元には必要な分のお金が入ってきません。勿論後日必ず入金されるものではありますが、一時的に利益が減少してしまうことが考えられます。

スポンサードリンク

 

②クレジットカード利用者(カード会員)

欲しい商品を見つけた時、必ずしもそれを購入するのに必要な現金を持ち合わせているわけではありませんね。買う予定もなかったけれど、たまたま見かけて気に入ってしまったという事もあるでしょうし、購入しようと思っていたものがあったのに、実際に店頭で見てみるとそれよりも高い商品の方が気に入ってしまったという事もあるでしょう。

この様な様々な理由から、その瞬間「買いたい」と思ってしまった場合、その希望を叶えてくれるのが、クレジットカードです。

クレジットカード利用者というのは、この様な万が一の時にも対応するために、様々なクレジットカード会社の中から自分に合ったカードを選び、申し込み、審査を受け、契約を交わしカードを手にしているのです。

そのカードを持ち歩くことで、欲しいと思った時に、現金が手元にいくらあるかを計算せずに購入が可能となります。

クレジットカード利用者のメリット

大金を持ち歩く必要がない

高額商品を買う予定があった場合も、大金を持ち歩くのは少し怖いものですよね。こんな時、カードがあれば、そのカード1枚持ち歩くだけでいいので身軽ですし、安心です。

レジでの手続きが簡単

小銭を出したり、お釣りを受け取るなどの細かい作業が不要になります。カードを提示し、署名するだけで終了です。スムーズですね。

手数料がかからない

借り入れをする際はたいてい手数料や金利がかかってくるものですが、クレジットカードで1回もしくは2回払いにした場合、手数料の必要はありません。

現金で購入したときと同じ額の支払いでいいのです。

※3回以上、もしくはリボ払いなどに設定した場合は、手数料がかかってしまいます。

クレジットカードの様々な特典を得られる

便利さを得られるだけではなく、クレジットカードを持つことで、そのカード会社で提供している様々な特典を得ることが出来ます。カード利用に応じてポイントを還元してくれたり、商品券や割引券を貰える場合もあります。

クレジットカード利用者のデメリット

買いすぎてしまう

欲しいと思った時に、現金主義の方であれば、現金が手元になければ一度帰宅し、じっくり検討した上で購入に踏み込むことが出来ます。自宅で検討した結果、やはり必要ないと判断し、購入を諦めることもあるでしょう。

しかし、クレジットカードを持っている方は、欲しいと思ったその瞬間に購入が可能なので、衝動買いをしやすい傾向にあります。

買うつもりがなかったのについ高額商品を購入してしまった、よく考えると必要ではなかった、という買い物の失敗もクレジットカード利用者の方が多いかもしれません。

年会費の支払い

そのクレジットカードによっては年会費が必要になることもあります。年会費が必要なものほど特典も増える傾向にありますが、あまり頻繁に利用しない方の場合、それほど多くの特典も得られないまま、年会費を無駄に支払うことになるかもしれません。

③クレジットカード会社

クレジットカード会社では、お店と提携することで、カードで購入された商品の代金を支払う義務が生じます。

支払いは顧客から回収したお金で行うべきところですが、顧客は1カ月分の買い物に対する支払いをまとめて決められた日に支払うことになるため、クレジットカード会社は顧客からの回収を待たずに、お店へ支払いをしなければなりません。

クレジットカード会社のメリット

提携しているお店から加盟料と手数料回収

お店と提携することで加盟料を受け取ることが出来ます。最近はこの加盟料を無料としているカード会社も増えましたが、以前は加盟料として3,000円程度受け取っているクレジットカード会社が多くありました。

さらにお店から請求が来ると、そこから手数料数%(約3%~7%程度)を差し引いた分を支払う形になります。この手数料はクレジットカード会社の利益として受け取ることが出来るのです。

これらの利益を利用して、顧客へポイント還元などの特典を提供し、さらなる集客が期待できます。

リボ払い、3回以上の分割払いによる手数料回収

1回や2回払いの場合は発生しませんが、3回以上の分割払いやリボ払いになった場合は、その顧客から手数料を受け取ることが出来ます。

これもまた利益の一部となります。

キャッシングによる利益

そのクレジットカードによってはキャッシング枠を設けているものもあります。キャッシングを利用する顧客には、利用した金額に対して利息の支払いを義務付けることが出来ます。

その利息を受け取ることで、さらなる利益を得ることが出来るのです。

クレジットカード会社のデメリット

回収不能となる危険性もある

顧客が予定通りきちんと支払いを行ってくれるならいいのですが、中には支払いを怠ってしまう方もいます。回収できないお金が増えてしまうと、会社の存続も危うくなってしまいます。

この様に、それぞれにデメリット部分は発生してしまいますが、全体的に考えるとどの立場から見ても多くのメリットを受け取ることが出来るというのが、クレジットカード決済の特徴です。

この仕組みは、加盟店、会員、クレジットカード会社の、どこが欠けても成り立たないものでもあり、それぞれがお互いの為に存在しているとも言えるでしょう。

このページの先頭へ