ジェクサービュー・スイカカード

ジェクサービュー・スイカカードというのは、JR東日本が経営するフィットネスクラブ「ジェクサー」とビューカードが提携して発行しているクレジットカードで、ジェクサーの店舗にて、ジェクサーの会員登録を行うと発行してもらうことが出来ます。

Suicaのオートチャージ機能などが付帯されていて通勤や通学に便利なビューカードの一種ではありますが、「ジェクサー会員限定のカード」という点が他のビューカードと異なります。

そのため、Suicaを利用している方だけではなく、ジェクサーを利用している方にもメリットが得られるような仕組みとなっています。

今回は、ジェクサーとはどの様な店舗なのか、またジェクサービュー・スイカカードの詳細や特典などについてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

ジェクサーとは

ジェクサーとはJR東日本が運営する、様々なプログラムを提供しているフィットネスクラブなのですが、どの店舗も駅から徒歩3分圏内にあるため、通いやすいと人気が集まっています。仕事の合間や帰り道、待ち合わせまでのちょっとの空き時間にも利用出来るため、習い事などが続かない方でも、長続きしやすいと言われています。

さらにレンタルウェア等も用意されていますので、何も準備していなくても少しだけリフレッシュするために立ち寄ることも可能なのです。

プログラムも以下の様に充実しており、それぞれ初心者向けのショートプログラムや、スキルアップを目指している本格派の方の為のプログラム、実力のあるインストラクターによるパーソナルトレーニングなども用意されているため、目的に合わせて選ぶことができますね。

*ヨガ
*ピラティス
*ダンス
*エアロビクス
*ストレッチ
*ボクシング
*アウトドア
*ゴルフ

など。

さらに以下の様に会員プランも豊富となっています。

*レギュラー会員(会費10260円)・・・いつでも好きな時に通うことが出来ます。
*デイタイム会員(会費7560円)・・・平日の空いている時間帯に利用したい方。主婦の方にお勧めです。
*グループ会員(会費9180円)・・・友達や家族と一緒に利用したい方。
*プラチナ会員(会費8640円)・・・60歳以上の方。いつでも好きな時間に利用できます。
*4Times会員(会費7020円)・・・週に1回、月4回だけ通いたい方向けです。

この他にも様々なプランが用意されているので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができるでしょう。

さらにジェクサーに通うためにかかる交通費も割引になると、もっと嬉しいのではないでしょうか。

そこで発行されているのが、ジェクサービュー・スイカカードになるのです。

ジェクサービュー・スイカカードはジェクサー会員になると持つことが出来る、ジェクサー会員専用のビューカードとなります。

通勤や通学のついでに最寄りの駅からジェクサーに通っている場合は、ジェクサービュー・スイカカードを持つことで、ジェクサーに通うときだけではなく会社等の往復の交通費もお得になりますね。

では、ジェクサービュー・スイカカードの詳細について見ていきましょう。

ジェクサービュー・スイカカードのスペック

申込資格:ジェクサーの会員であること。また、日本国内に住んでいる高校生を除く18歳以上の、電話連絡可能な方。※未成年の場合は親権者の同意が必要です。
年会費:ジェクサー会員に登録中は無料となります。
キャッシング枠:0~40万円
ショッピング枠:0~40万円
付帯保険:紛失・盗難補償、海外旅行傷害保険(最高500万円まで補償)、国内旅行傷害保険(最高1000万円まで補償)
国際ブランド:VISA、JCB、MasterCard
カード発行までのスピード:申し込んでから発行まで約10日間程度かかります。
公式サイトURL:http://www.jreast.co.jp/card/first/jexer.html

スポンサードリンク

 

ジェクサービュー・スイカカードの特徴

ジェクサー会員の為の会員カード的存在となる、クレジットカードです。

Suicaオートチャージ機能やポイントサービスなど、ビューカードとしての特典ももちろんそのままですし、年会費も無料となっています。定期券や乗車券、特急券などVIEWプラス対象商品を購入することでポイントも通常の3倍貯めていくことが出来ますし、貯めたポイントはSuicaのチャージ分として利用することが出来るので、ジェクサーに通う際にも、通勤や通学にも便利な1枚となることでしょう。

また、ジェクサーの会費もカードの利用分と一緒に口座引き落としにすることが出来るので、会費の支払いを忘れる心配もありませんね。

ジェクサービュー・スイカカードの審査

申し込み条件の幅も広く、電話連絡が可能で、18歳以上の方であれば申し込み可能となっているため、審査は比較的柔軟だということが窺えます。過去の借り入れ状況や個人信用情報に問題がなければそれほど難しく考えなくても大丈夫でしょう。

ジェクサービュー・スイカカードの特典

ポイントサービス

カードの利用額1000円につき2ポイントのビューサンクスポイントを貯めていくことが出来ます。また、定期券や切符を購入した場合や、Suicaへチャージした場合は通常の3倍の6ポイントを貯めることが出来ます。これは15円相当となります。

この他にも、ポイントが3倍になるのは以下のようなVIEWプラス対象商品を購入した場合や、サービスを利用した場合です。

*乗車券
*回数券
*特急券
*びゅう国内旅行商品
*Suica定期券
*Suicaカード
*Suicaオートチャージ

など。

また、カードの利用明細を紙からWEBに切り替えると、それだけで毎月20ポイントも獲得することが出来ます。年間で240ポイント(600円相当)となりますね。

貯めたポイントはSuicaのチャージ分に利用したり、ルミネの商品券やSuicaのオリジナルグッズへ交換など、幅広く活用することが出来ます。

特にSuicaのチャージに利用する場合は、400ポイントで1000円分のチャージとなりますので、大変お得です。更にチャージ手数料も無料です。

このポイントの有効期限はポイント獲得した月から2年間となっています。

モバイルSuica

携帯電話にSuicaの機能を搭載させるモバイルSuicaを利用する際、モバイルSuicaの年会費がかかってしまいますね。便利なのはいいのですが、年会費がかかるのは残念です。

しかし、ジェクサービュー・スイカカードを持っていると、モバイルSuicaを利用しても、その年会費が無料になります。Suicaで電車を利用する際も、お店でSuicaを電子マネーとして利用するときも、携帯電話一つで全てが可能になります。

無料で、さらに煩わしい手間も省けるため、とても便利でお得ですね。

オートチャージ機能

Suicaを使って改札を通過する際、チャージ分が2000円を下回ると自動的に3000円分チャージされる機能が付帯されています。いつでもどこでも残高を気にせず利用出来るので安心ですね。(後から設定金額を変更することも可能です)

ジェクサービュー・スイカカードのメリット

年会費が無料

ビューカードは年会費がかかってしまうものがほとんどですが、このカードはジェクサー会員であれば無料で持つことが出来ます。モバイルSuicaを利用しても、その年会費も無料となるので、Suicaを頻繁に利用している方にとってはとてもお得ですね。

ビューカードとしての特典

ジェクサービュー・スイカカードは、ジェクサー会員限定の会員カードの役割として発行されるのですが、ビューカードとしての特典はそのままです。ポイントサービスもあるため、カードを利用するたびにビューサンクスポイントを貯めていくことが出来ますし、VIEWプラス対象商品やサービスを利用すると通常の3倍のポイントが加算されます。

また、JR東日本と提携している施設や店舗などを利用した際に、優待特典を受けることが出来ます。

ジェクサー入会金、事務手数料無料

ビューカードを提示することで、ジェクサーの入会金や事務手数料も無料になります。

ジェクサービュー・スイカカードのデメリット

ジェクサー会員限定

ジェクサー会員限定のクレジットカードとなるため、ジェクサーを退会すると同時に、このカードも無効となってしまいます。ビューカードとして頻繁に利用していても、ジェクサーを利用しなくなった途端に利用できないカードとなってしまうのは残念ですね。

このカードならではの優待特典がない

他のビューカードは、提携先の店舗や施設でカードを提示もしくは利用する際、優待割引や優待特典を受けることが出来ます。しかし、このカードを持っているからこその優待割引等は期待出来ません。

勿論、JR東日本と提携している施設で優遇を受けることは可能ですが、これはどのビューカードにも共通した特典となっているので、このカードならではの特典を見た場合、他のビューカードに比べると物足りなさが感じられるのではないでしょうか。

ポイントボーナスもない

年間の利用額に応じてボーナスポイントが受け取れるビューカードがありますが、このカードにはありません。高額利用をしても、ボーナスがないので、大きく得をすることも有りません。

ジェクサーというのはJR東日本が運営するフィットネスクラブになるため、会員になるためにビューカードの申し込みが必須となっているのです。勿論ビューカードを持つことで、Suicaのオートチャージ機能が利用出来たり、貯めたポイントでフィットネスクラブに通うための交通費がお得になるなどの特典は豊富となりますし、ジェクサービュー・スイカカードとしての年会費は無料になっているため、申し込んでも損は無いでしょう。

しかし、他にも複数あるビューカードと比較すると、ジェクサービュー・スイカカードは若干特典の物足りなさを感じます。

他の店舗でのショッピングがお得になったり、特定の施設で優待特典が受けられるなど、ジェクサービュー・スイカカードがあるからこその特典というものがないのです。

ジェクサーの会員になるには、ジェクサービュー・スイカカードではなくても、他のビューカードを持っていればそのカードで会員登録することは可能です。ビューカードを持っていることで入会金が無料になるという特典もあります。

ですから、自分にとってよりメリットが高いと感じられるビューカードを発行してからジェクサー会員になってもいいかもしれませんね。

このページの先頭へ