JCBカードを選ぶ理由ってあるの?

JCBカードを選ぶ理由ってあるの?
JCBと言うのは、国際ブランドの一つです。

クレジットカードを作る際、自分の好きなカード会社を選択した上で、国際ブランドとしてVISAやMasterCardを選ぶようにJCBを選ぶことが可能です。

楽天カードのJCB、オリコカードのJCB、ニコスカードのJCBという形ですね。

今、国際ブランドとしてはVISAが世界最大だと言われています。次いでMasterCardです。これら2つのブランドは共に加盟店も多く存在しているため、利用の幅も広いと考えられています。

どの国際ブランドを選ぶか迷った場合は、VISAかMasterCardにすると間違いないとも言われていますね。

では、このことを踏まえたうえで、JCBをあえて選ぶ必要はあるのでしょうか?

今回は国際ブランドのJCBについて、その特徴や選ぶべき理由についてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

1.JCBの特徴

JCBは国際ブランドとして広く知られていますが、実際には世界的知名度は低いと言われています。日本発のブランドであるため、日本国内においてはVISAやMasterCardより知名度が高く、人気が集まっていますが、世界的にはVISAやMasterCardの根強い人気に押されてしまっているようです。

海外でも利用したいのであれば、やはり全世界で知名度が高く加盟店舗数の多いVISAなどを選ぶ必要があるでしょう。

しかし、もし日本のみでクレジットカードを利用する為に作るのであれば、JCBを選んだ方が様々な利便性を得られることになります。

では、どのような利便性があるのかと言うことについてお話していきたいと思います。

①日本での加盟店舗数の多さ

JCBは日本国内においては、その加盟店が最も多くなっています。国内で「クレジットカードを利用できるけれどJCBは使えない」というお店を探す方が大変だと言われているほどです。

一部では日本人のカードとして「サムライカード」と呼んでいるようです。

日本のみで利用するのであれば、JCBは間違いないブランドですし、いつでもどこでも利用出来るため便利となることでしょう。

また、日本初のブランドであるため、このJCB所有者が増えてくれると日本の経済をさらに発展させることにも繋げる事が出来ます。

旅行も海外ではなくほとんどが国内だという方は、日本のためにもぜひJCBを選んでほしいものです。

②日本最強

日本国内での所有者数№1のJCB。約600万人もの日本人がJCBを利用していると言われています。

サムライカードと呼ばれる意味がここからわかりますね。

スポンサードリンク

 

③独自のカード発行

VISAやMasterCardなどの国際ブランドは決済業務のみを行うため、カード発行会社が別に存在し、そこにブランドが付帯される形になります。

勿論JCBもそのように他のクレジットカード会社のカードと提携しJCBを付帯させることもしていますが、JCBから独自のクレジットカードも発行していますので、「JCBカード」というものも存在しているのです。

他のカードにJCBを付帯した場合、勿論JCBのサービスは受け取れるけれど、そのカード自体の特典や特徴と言うのは発行会社が決めるものとなってしまいます。

もし全てJCBならではの特典、内容、サービスを受けたいと言うのであれば、JCBから発行しているJCBカードを利用するといいでしょう。

このように、他のカードにJCBを付帯させるのか、JCB独自のJCBカードにするのか、選ぶことが出来るという点も大きな特徴と言えるでしょう。

④東京ディズニーランド

JCBは東京ディズニーランドのスポンサーともなっています。

その為JCBのカード所有者に対し、東京ディズニーーランド無料チケットが当たるなどのキャンペーンを行っています。

頻繁に東京ディズニーランドへ行き、カードを利用しているという方や、今後東京ディズニーランドへの旅行を計画しているという場合はJCBのカードを持っていると便利でしょう。

また、ディズニーファンには嬉しい、ディズニーデザインのカードもあります。

⑤海外でも日本語OK

海外での加盟店舗数はVISAやMasterCardの方が多いとお話しました。勿論そのことは変わらないのですが、ハワイやグアム、韓国、香港などと言った日本人観光客の多い国では、実はJCB加盟店も多く、日本人のためのJCBプラザやJCBラウンジなどがあるため、困った時に日本語で相談することが出来ます。

これも日本発というJCBならではの良さですね。

英語なら話せるという方は多いかもしれませんが、英語が通じない国へ行くと困ってしまうこともあるでしょう。JCBデスクがあると、全て日本語で対応してくれるので、海外旅行も安心です。

また、トラブルがあった場合はもちろんのこと、その国のおすすめポイントやレストラン、ホテルなどを探したい時にも親切に対応してくれます。

正に日本人のためのJCBですね。

JCBプラザラウンジにおいては、JCBカードを持っているとフリードリンクをいただけたり、無料でインターネットを楽しむことも出来ます。

⑥日本国内でのセキュリティー対策

勿論どのクレジットカードもセキュリティー面に力を入れてはいますが、特にJCBはその点において強い姿勢を示す傾向にあります。

不正を行っている加盟店に対しては契約解消などの措置をとる場合もありますし、インターネット上でも不正利用防止のための対策を積極的に行っています。

2.JCBカードを選ぶ理由

JCBの特徴を見るとご理解いただけたかと思いますが、JCBを選ぶ理由と言うのは、「日本人が日本の為に日本語で利用する」場合に大きなメリットが得られるからです。

日本国内のみで利用するなら、JCBを選んで損をすることはありませんし、海外でも、日本人観光客が多い国であれば、日本語以外が不得意な方でもJCBデスクから日本語で相談することが出来るので、安心ですね。

この様な利便性から、JCBをあえて選ぶという方も多いのです。

しかし、日本人観光客が少ないと思われる海外での利用は、加盟店が少ないために不便を感じることとなるでしょう。

国際ブランドとして大きく成長したにもかかわらず、海外においては不便な部分が多いという点は残念ですね。

日本での利用は便利ではあるものの、クレジットカードを作る際、「今後海外へ行かないのであればJCBで十分だけれど、観光地以外の海外へ行く場合は不便」と言われると「行くかも知れないし、先のことはわからない」と考え、念の為と言う理由からJCBではなくVISAやMasterCardを選択してしまう方も多いと言うのが実情です。

海外での弱みという点を今後改善されると、さらなるJCB会員数も増え、今後世界に通用するブランドにまで成長出来ることでしょう。

JCBは国内最大級の、日本が誇れるブランドです。

しかし、日本国内では間違いのない人気があるために少々その環境にあぐらをかいている状態が窺えます。他のブランドとの競争心がなく、今後大きく発展する可能性が少ないため、ブランド自体に力がある分、残念にも思えます。

今後海外への進出にも力を入れ、VISAやMasterCardと肩を並べる、もしくは抜いていくほどの勢いが出てくることを期待したいところです。

海外のJCB加盟店も増え、どこの国に行く時も気軽にJCBカードを利用できるようになると嬉しいですね。

このページの先頭へ