クレジットカードのキャッシング枠と消費者金融の違い

クレジットカードのキャッシング枠と消費者金融の違い
クレジットカードと言うのは、ショッピングの際現金不要で決済できるという便利なものですね。

また、この様なショッピング可能のクレジットカードに、消費者金融が行っているようなキャッシング機能を設けているものもあるのです。

キャッシングも出来てショッピングもカード決済できるとなると、消費者金融のキャッシングを利用するよりもメリットが高いように感じられますね。

しかし、実際にはクレジットカードではなく、消費者金融のキャッシングのみを利用しているという方も多数いらっしゃいます。

それはなぜでしょう?

今回は、クレジットカードのキャッシング枠と消費者金融のキャッシングの違いや、それぞれのメリット・デメリットについてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

1.クレジットカードのキャッシング枠の特徴

クレジットカードと言うのは、ショッピングをするために発行されているカードです。キャッシングはできるものの、あくまでも本来の発行目的はそのカードでショッピングをしてもらう事なのです。

勿論キャッシングを積極的に利用してもらうことで利息から利益を得ることが出来るため、カード会社にとって大きなメリットとはなりますが、同時に確実な回収業務を行わなければならないため、様々なリスクが増えることになります。

このリスクを考え、キャッシング機能にあまり力を入れない会社が多いと言うのが実情です。

ですから、消費者金融のキャッシングと比較した際、明らかにクレジットカードのキャッシング機能の方が劣ってしまうのです。

そのため、キャッシングをメインで利用したいと考える方は、クレジットカードへ申し込むのではなく消費者金融のキャッシングを利用した方が高いメリットを得ることが出来るでしょう。

しかし、クレジットカードだからこその特典も多く存在します。

まずは、クレジットカードのキャッシング枠のメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

カードのキャッシング枠の「メリット」

ショッピングと併用

クレジットカード1枚で、ショッピングをする際に利用しながら、キャッシングも可能となります。消費者金融のカードではショッピングは出来ないので、買い物とキャッシングの両方を求めている場合はクレジットカードの方が便利ですね。

スポンサードリンク

 

海外でもキャッシング可能

消費者金融のキャッシングは日本国内のものとなりますが、クレジットカードのキャッシングであれば海外でも利用できるものがあります。

海外への出張や旅行の場合に便利ですね。

イメージが良い

消費者金融のキャッシングとなると、最近はそれほどイメージも悪くはないものの、やはり抵抗がある方が多いようです。しかし、クレジットカードのキャッシング枠であれば、それ程イメージが悪くないため、人前でも使いやすくいつでも利用出来るのではないでしょうか。

多くの特典を得られる

ショッピングだけではなく、キャッシングを利用してもクレジットカードならではの特典を得ることが出来ます。キャッシングを利用するたびポイントが加算されるなど、利用金額に応じて特典が増える仕組みとなっているので、利用すればするほどお得になるでしょう。

未成年も利用可能

多くのクレジットカードは未成年の18歳から利用可能としています。勿論親の同意が得られることや親と同居していること等求められる条件は厳しくなりますが、この様な一定条件をクリアすることが出来れば未成年でもカードを持つことは十分可能です。

未成年で審査に通過することが出来たとしても、キャッシング枠が付帯されていないものや、もしくは5万円以下の少額のキャッシング枠付帯のカードとなってしまいますが、消費者金融では未成年の申し込み自体受け付けていないので、キャッシングが出来る可能性があるだけでも嬉しいですね。

カードのキャッシング枠の「デメリット」

審査が厳しい

そのカードのによって違ってきますが、消費者金融と比べると審査は若干厳しいと感じる部分があるかもしれません。

限度額が低い

たいていのクレジットカードの限度額というのは100万円~150万円程度です。これはショッピング枠とキャッシング枠のトータルですので、ショッピングに高額利用しているとその分キャッシング枠は狭まってしまいます。

また、審査によってはその人の利用限度額は50万円程度の少額になってしまう場合もあります。勿論申請することで増額することは可能ですが、良好なカードの使い方が出来ている方でなければ増額申請を受け付けてはもらえません。

キャッシング方法が少ない

多くのクレジットカードのキャッシング方法は、銀行やコンビニエンスストアのATMのみとなっています。インターネットを利用して振り込みができるなどのサービスも少ないため、消費者金融よりも利用しづらいと感じる方は多いかもしれません。

返済方法は口座振替のみ

たいていのクレジットカードのキャッシングも、ショッピングでカードを利用した場合と同様、指定の銀行から口座振替となります。様々な方法で返済が可能となる消費者金融に比べると劣ってしまいますね。

年会費がかかるものがある

一般のクレジットカードであれば、年会費無料のものが多いですが、数千円程度の年会費がかかってしまうクレジットカードもあります。消費者金融並みの高い限度額を求め、ゴールドやプラチナなどを利用する場合は、年会費は1万円以上となってしまうでしょう。

2.消費者金融のキャッシングの特徴

消費者金融は貸金業を主な業務としているため、クレジットカードよりもキャッシングの機能が充実しています。ショッピングをしたいのではなく、現金を手に入れたいと思っている方は、クレジットカードのキャッシング枠を利用するより便利かもしれませんね。

では、消費者金融のキャッシングのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

消費者金融のキャッシングのメリット

無利息制度あり

その会社によって、期間限定で無利息などのキャンペーンを行っている場合があります。クレジットカードのキャッシングであれば、いつ誰が利用しても金利がかかってしまうので、無利息期間があると言うのは大きな特典と言えますね。

即日融資が可能

クレジットカードの場合、申し込んでからカードを手にするまでに数日かかるものがほとんどです。一部即日発行のカードもありますが、数は少なく、その店舗まで行かなければカードを手にする事が出来ません。

しかし、消費者金融だと即日発行としている会社が多く、さらに何台も置いている無人契約機から受け取ることも可能のため、すぐにカードを手に入れやすい環境にあるでしょう。

借入れ限度額が高い

審査によってその人の限度額は変わってきますが、一般的に消費者金融のキャッシング限度額は300万円程度です。一般のクレジットカードの限度額100万円に比べると、ずっと高めですね。

借入れ方法が多い

銀行やコンビニエンスストアのATMはもちろんのこと、店頭や自動契約機(無人契約機)からもキャッシング可能ですし、インターネットを通じて振り込み手続きを行うことも出来ます。

自宅にいながら、お金が欲しいと思った時にすぐ手続きが出来るというのは嬉しいですね。

⇒無人契約機でカードローンの即日審査・融資を受ける

返済方法が多い

指定した銀行口座から自動で引き落とすことはもちろんのこと、店頭にて払い込む事も出来ますし、インターネットから振り込み手続きを行うことも出来ます。

その会社が提携している銀行やコンビニエンスストアのATMからも返済可能となるので、クレジットカードのキャッシングを利用したときよりも返済は行いやすいですね。

年会費は無料

どの会社も年会費はかかりません。

消費者金融のキャッシングのデメリット

イメージが悪い

クレジットカードの申し込みを恥ずかしいと感じる方はいないと思いますが、消費者金融のキャッシングだと、利用していることを知り合いや友人に知られたくないと感じる方が多いのではないでしょうか。

未だにあまり良くないイメージを持つ方が多いようですね。そのため、いつでもどこでも利用しやすいのは、消費者金融よりもクレジットカードのキャッシング枠かもしれません。

未成年は利用不可

クレジットカードが未成年の18歳から利用可能なのに対し、消費者金融は成人していなければ利用することが出来ません。どんなに安定した収入があっても、申し込むことさえ出来ないのです。

ショッピングが出来ない

キャッシング専門のカードなので、ショッピングと併用することは出来ません。

この様に、クレジットカードのキャッシング枠も、消費者金融も、それぞれメリット・デメリットが存在するため、どちらがより優れていると言うことは言えません。

今後どの様に利用して行きたいかを踏まえた上で、どちらかを選んでいくといいでしょう。

例えば、少額のキャッシング希望で、ショッピングもしていきたいのであればクレジットカードが便利ですし、出来れば高額のキャッシングをインターネットを通じて利用したいと言うのであれば、消費者金融が便利です。

また、消費者金融系のクレジットカードというものも存在しています。アコムから発行しているACマスターカードがそうですね。

消費者金融のようにキャッシングメインではあるものの、そのカードでショッピングも可能としています。クレジットカード独自の特典等はなくなってしまいますし、返済もリボ払いのみとなってしまいますが、消費者金融のキャッシングの様な利用もしながらショッピングも出来るという点でお得と感じる方も多いかもしれません。

また、このカードであれば、海外でもキャッシングが可能になりますし、申し込んで即日で発行してもらうことも出来ます。

クレジットカードと消費者金融のキャッシング両方の利点を一度に得たいと言う場合は、この様なカードを選ぶのもいいかもしれませんね。

このページの先頭へ