スーパーホワイトでも作れるクレジットカードは?

スーパーホワイトでも作れるクレジットカードの特徴
よくネット上で「スーパーホワイト」「ホワイト」という言葉を目にします。

この様なスーパーホワイトやホワイトの方というのは、クレジットカードの審査にとても不利となるようです。

ここで言う「ホワイト」とはどのような状態のことを指すのでしょうか?

今回は、スーパーホワイト、ホワイトとはどの様な人なのか、なぜクレジットカードの審査に不利になるのか、そのような方が作ることの出来るクレジットカードと言うのはあるのか、という事についてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

1.スーパーホワイトとは?ホワイトとは?

ホワイトもスーパーホワイトも同じ意味で使用している方が多くいらっしゃいますが、明らかな違いがありますので、先ずはひとつずつ見ていきましょう。

①スーパーホワイト

これまで金融機関からお金を借り入れることもせず、クレジットカードも作らず、携帯電話機種代も一括で現金払いにしているなど、全ての支払いを現金のみで行ってきた方というのは、個人信用情報を開示しても、真っ白な状態で上がってきます。

借り入れを利用したことがないのですから当然ですね。

特に、30歳を超えても個人信用情報に借り入れに関する一切の記録がない方を、「個人信用情報が完全に真っ白な方」と言う意味で、「スーパーホワイト」と呼び、審査が厳しくなる傾向にあるのです。

クレジットカードを頻繁に利用していたり、分割払いを行ってきた方よりもずっと堅実で、お金に厳しい方であるにもかかわらず、なぜスーパーホワイトの方はクレジットカードの審査に通過しづらくなってしまうのでしょう?

それは、まだ20代であれば成人して間もないので、借り入れを一切行っていなくてもそれ程不審がられませんが、30歳を過ぎると、たいていは1度くらいカードを作ることはあるだろうと考えられるからです。

社会人になると付き合いでクレジットカードを作らなければならない場合もあるでしょうし、高額商品を分割払いにしたり、携帯電話の機種代を分割払いにする事もあるはずです。

それなのに、ある程度の年齢になっても借り入れに関する履歴が一切ないと言うことは、何かしらの問題があるのでは?と疑われてしまうのです。

また、これまでの借り入れに対する利用履歴を見ることが出来ないので、利用履歴のある方よりも信用するための情報が少なくなってしまいます。

カード会社は、信用だけでお金を貸しているため、少しでも信用できる材料が少ないと様々な方向から疑いをかけます。もしかすると返済能力がなく、1度借り入れしてそのまま逃げるつもりなのかもしれない、などと考えられてしまうこともあるのです。

個人信用情報が真っ白ということは、ブラックの方よりもずっと有利なように感じられますが、悪い履歴が載っていないのと同時に、良い履歴も残っていないことになるので、信用してもらうのは難しいのです。

また、それ以外にも、スーパーホワイトの方がクレジットカードの審査に不利になる理由があります。それは、次に紹介する「ホワイト」の方との見分けがつかないことです。

スポンサードリンク

 

②ホワイト

債務整理などを行い、その情報が個人信用情報に記録された方というのは、当然クレジットカードはもちろんのこと様々な借り入れの審査にも通過することは出来なくなってしまいますね。

しかし、このような方でも、債務整理後5年以上経過すると、個人信用情報からその記録が消える仕組みになっています。

債務整理の記録が消えた方の個人信用情報を、カード会社が開示すると、真っ白な状態で出てきます。

この真っ白の状態を「ホワイト」と言うのです。

カード会社は、5年経過したとしても、1度債務整理を行った方にお金を貸したいとは思わないものです。ですから、個人信用情報を開示し、延滞や債務整理の記録がある方はもちろんのこと、真っ白な状態で上がってくる方も避ける傾向にあります。

この時、「スーパーホワイト」の方なのか、「ホワイト」の方なのかという事をすぐに見分けることは出来ません。真っ白の状態の意味を調べるには、きちんとその人の属性を調査する必要があるのですが、実際には詳しく調査などしないまま、「個人信用情報が真っ白」というだけで自動的に審査落ちとしてしまう会社も多いのです。

その為、スーパーホワイトの方もホワイトの方も、クレジットカードの審査には通過しづらいと言われているのです。

では、この様な方はどのクレジットカードも持つことは出来ないのでしょうか?

今は誰でも1枚はクレジットカードを持ち、高額商品は特にカード決済とする方が増加していますね。この様なカード社会に、クレジットカードを1枚も持つ事が出来ないと言うのは不便でしょう。

そこで、スーパーホワイト・ホワイトの方がクレジットカードを持つ方法についてご紹介して行きたいと思います。

2.スーパーホワイト・ホワイトの方がクレジットカードを持つには

まずはホワイトの状態を脱出しなければなりません。そのためには、携帯電話を分割払いにするなどして、返済の履歴を作ることが大切です。

携帯電話というのは、ほとんどの方が使用料と同時に機種代も分割払いにする傾向にありますね。この分割払いも一種の借り入れとみなされるため、個人信用情報にその記録が残されるのです。

この分割払いを毎月きちんと行っていると、良好な履歴を残すことが出来るため、それを元に審査が柔軟なクレジットカードであれば通過することが出来るかもしれません。

審査と言うのは、銀行系→信販系→流通系→消費者金融系と言う順で柔軟になっていきますので、消費者金融系や流通系のクレジットカードへ申し込むといいでしょう。

もし希望のクレジットカードがあったとしても、その審査が厳しいと考えられる場合は、むやみに申し込むことは危険です。もし審査に通過することが出来ないと、申し込みを行った過去や審査落ちの履歴も個人信用情報に残ってしまうので、「この会社のクレジットカード審査に通過できなかった人」「何らかの問題がある人」と疑われ、更に審査に通過しづらくなってしまいます。

審査落ちを何度も繰り返すと、今度は多重申し込み者として、更に避けられることとなってしまうでしょう。

そうならないためには、きちんと手順を踏まなければなりません。

①携帯電話の分割払いなどで良好な返済履歴を作る
②希望のものではなくても、審査が柔軟なカードの申し込みをする
③手にする事が出来たカードできちんと返済履歴を作る

この手順を踏んで、やっと本命のクレジットカードへの申し込みが出来るのです。

スーパーホワイトの方にとっては、少し理不尽と感じられるとは思いますが、この手順を踏んで、さらにこれまで借り入れを一切行わなかった理由等もカード会社へ説明すると、より審査に通過しやすくなるでしょう。

3.スーパーホワイトでも審査に通過出来るクレジットカードの特徴

クレジットカードの審査というのは、銀行系→信販系→流通系→消費者金融系の順で柔軟になっていくとお話しました。

特に流通系や消費者金融系は審査が柔軟なので、スーパーホワイトの方でも申し込み、カードを手にする事が可能になります。この様なカード会社は、「集客が目的である」という特徴を持っています。

より多くの方に会社の事を知ってもらい、利用客を増やしたいと考えているため、申し込みをしてくれたほとんどの方へカードを発行する傾向にあるのです。

勿論、今現在他社の借り入れ延滞中という場合は、返済能力の点で不安が生じてしまうので審査に通過することは出来ませんが、スーパーホワイトの方であれば、そのような悪い情報も個人信用情報には一切記録されていない状態ですので、安心してカード審査に申し込むことが出来るでしょう。

但し、審査が柔軟なクレジットカードと言うのは、誰にでも発行する代わりに、その利用限度額を低く設定してくる傾向にあります。良好な利用履歴を作ることで、今後増額申請することも出来ますので、先ずは利用しづらいと感じられても、コツコツと良好なクレジットヒストリーを積み上げていきましょう。

スーパーホワイトの方が特に申し込みやすいクレジットカードをいくつかご紹介します。

①マジカルクラブTカードJCB

ニッセンでショッピングする際に利用可能な、入会金、年会費共に無料で、クレジット機能のついたポイントを貯めることの出来るカードです。

審査も比較的柔軟で、安定した収入があれば、主婦やパート、自営業者、外国人でも申し込みが可能となります。

返済履歴に問題がある場合は審査に通過しづらくなってしまいますが、スーパーホワイトの方であれば、今の勤務状況が安定していればカードを手にする事が出来るでしょう。

②楽天カード

ネット頻繁利用者であれば、無職の場合でも発行可能となる場合があると言う、審査が柔軟で有名なクレジットカードです。スーパーホワイトでも、その他の属性に問題がなければ安心して申し込むことが出来るでしょう。

③アコムのACマスターカード

ACマスターカードは、他の2つのクレジットカードとは違い、アコムという消費者金融から発行されているクレジットカードです。カードローンとしても利用でき、クレジットカードと言うよりはローンに近いカードとなりますが、ショッピングをカード決済したいという方の希望は叶えてくれます。

審査も柔軟で、申し込んだその日にカード発行も可能となるでしょう。

ただ、ACマスターカードは、リボ払いしかできない点や、特典がない点などから、あまりお勧めできない部分はありますが、スーパーホワイトの方が持つ最初のカードとして考えると、安心して審査に申し込むことが出来るものとなるでしょう。

急いで、ACマスターカードを手に入れたい方は、アコムの公式サイトからネットで申し込んで、クレジットカードの発行をアコムの自動契約機(むじんくん)で受け取ると良いでしょう。

ホワイトの方は、返済履歴に問題があるため、個人信用情報にその記録が載らない状態になっても、借り入れの審査に不利になってしまうと言うのは仕方ありませんが、現金主義だったスーパーホワイトの方までも、ホワイトの方同様審査に通過しづらくなると言うのは残念ですね。

しかし、スーパーホワイトだから、もうカードを作ることが出来ないと諦める必要はありません。お金に対して厳しいからこそ現金主義だったのであればなおさら、携帯電話の分割払いや審査が柔軟なクレジットカードで良好な返済履歴を作ることは簡単だと思います。

良好な履歴さえ作ることが出来れば、きちんと支払いを継続できるスーパーホワイトの方は、今後本命のカードを手にして、優良顧客となることが出来るでしょう。

もしかするとゴールドカード等のインビテーションを受け、カード会社から厚い信頼を得られるようになるかもしれません。

このページの先頭へ