はじめてのカードでゴールドとプラチナはハードルが高い?

はじめてのカードでゴールドとプラチナはハードルが高い?
ゴールドカードやプラチナカードと言うのは、持っているだけで優越感に浸ることの出来る、グレードの高いカードですね。

男性は特に、ステータスとして持ち歩くという方も多いのではないでしょうか。

これらのグレードの高いカードと言うのは、一般カードを利用し優良な顧客となり、良好なクレジットヒストリーを積み上げた結果持てるものと言う認識が強い傾向にあります。

では、初めてクレジットカードを持ちたいと思った時に、いきなりゴールドカードやプラチナカードへ申し込むことは出来ないのでしょうか?

今回は、いきなりグレードの高いカードを持つ方法についてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

1.ゴールドカードとは?

カードにはグレードというものがあり、一般、ゴールド、プラチナ、ブラックと言う順でグレードはアップしていきます。

一般のカードは、20歳以上の安定した収入がある方であれば誰でも申し込むことが出来るので、多くの方に利用されていますね。

しかし、ゴールドとなると、年齢制限も上がりますので、20代でも申し込み可能なゴールドカードはあるものの、基本的には30歳以上にならないと持てない傾向にあります。

さらに年収の面でも審査は厳しくなってしまうので、一般のカードの審査には通過するけれど、ゴールドカードの審査には通過出来ないという方も多いのです。

また、もし審査に通過し、カードを持つことが出来たとしても、年会費無料のゴールドカードと言うのはほとんどありません。たいていは1万円~2万円ほどの年会費がかかってしまうでしょう。

ゴールドカードを作る方法

このゴールドカードを持つには、以下の2つの方法があります。

・いきなり自らゴールドカードの申し込みを行い、審査を受け、カードを手に入れる方法
・一般のカードを利用し、良好なクレジットヒストリーを積み上げ、カード会社側からゴールドカードのインビテーション(招待状)を受け取って初めてゴールドカードを手にする方法

基本的には、一般カードを長く利用している方が、カード会社から招待されてゴールドカードに切り替えると言う方法が好ましいのですが、申し込み基準に達しているのであれば、一般のカードを持っていなくても、いきなりゴールドカードを申し込むことは十分可能なのです。

実際にこの方法で審査に通過し、初めて持ったカードがゴールドカードという方も多くいらっしゃいます。

以前は一般カードとゴールドカードしかなかったため、ゴールドカードの敷居はとても高いものでしたが、今はゴールドよりもランクの高いプラチナやブラックなどが作られたため、ゴールドカードも比較的持ちやすいカードと変わってきました。

しかし、今もなお、ゴールドカードに対して好印象を受ける方が多いと言うのも事実です。

手に入れやすく、好印象のワンランク上のゴールドカード。社会人であれば、1枚は持っておきたいものですね。

このゴールドカードを持つメリットというのは、社会人としての高いステータスを示すことが出来るというのはもちろんのこと、一般のカードより多くの特典が盛り込まれているという点です。

例えば、

・利用限度額が一般カードの約倍になる。
・ポイント還元率が高い。
・旅行保険が自動付帯され、その補償も手厚い。
・カードで購入した商品に不具合が生じた場合、返金してもらうことが出来るショッピング保険がある。
・空港へ定額料金で送迎してくれる。
・専門家が資産運用の相談にのってくれる。
・ブランド品などのバーゲンについての案内がある。
・遊園地アトラクションへ、待ち時間なしで案内してくれる。
・空港の有料ラウンジを無料で利用できる。

など、それぞれのゴールドカードによってその特典内容は違ってきますが、通常はこのような一般カードにはない特典が多く用意されているものです。

年会費も高めではありますが、場合によっては、年会費以上の還元があり、年会費無料の一般カードを持つよりもお得となるケースもあります。

ゴールドカードは欲しいけれど、年会費が気になるという方は、数は少ないですが、年会費無料のゴールドカードへ申し込んでみるのもいいかもしれませんね。

マルイから発行されているエポスカードであれば、年間50万円利用すると、その翌年から永年年会費無料となるゴールドカードを持つことが出来ます。

また、エポスカードの優良会員となっていると、ゴールドカードのインビテーションが届きます。これによりゴールドカードを持った場合もまた、年会費永年無料となります。

さらに、イオンから発行されているイオンカードも、1年間の利用額が100万円以上であったり、申し込んでから利用した累計額が500万円以上等と言う条件をクリアできると、年会費無料でゴールドカードを持てるようになります。

いずれにしても、年会費無料でゴールドカードを持つためには、ある程度時間をかけて実績を積み上げなければ難しいものではありますが、日ごろ頻繁にカードを利用しているのであれば、一つのカードに絞って利用額を増やすと期間を短縮できるかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

2.プラチナカードとは?

プラチナカードと言うのは、ゴールドカードよりもランクやステータスがさらに高いものとなります。

また、ゴールドカードの年会費が1万円程度なのに比べ、プラチナカードの年会費は最低でも2万円はかかってしまいます。高いものだと10万円以上というものもあります。

今は年収500万円前後であれば手に入れることは可能となっていますが、以前は年収1000万円以上の方対象のものであったため、プラチナカードの特典も、一般の方にとっては贅沢と思えるような部分で得られる傾向にあります。

例えば、

・コンシェルジュデスクで、旅行プランや航空券の予約などの手配を行ってもらえる。
・コンシェルジュを秘書代わりとして利用できる。
・有名レストランでのコース料理(1万円~2万円ほどの料理)を予約すると、1人分無料となる。
・有名ホテルのスイートルームが半額になる。
・旅行傷害保険の補償が充実している。

など、贅沢をする機会が多い方にとっては便利でお得なカードとなることでしょう。

プラチナカードを作る方法

こちらのプラチナカードも、ゴールドカード同様、自らいきなり申し込んで手にする事は十分可能です。

しかし、直接申し込みができるプラチナカードと言うのは数に限りがあります。

・三井住友プラチナカード
・MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
・シティセレクトVISAプラチナカード
・JALアメリカン・エキスプレス・カードプラチナ
・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

などのカードであれば、プラチナでも、いきなり申し込むことが可能です。

ただし審査基準はゴールドカードよりも高めに設定されているので、審査に通過することはそれほど簡単ではないかもしれません。

また、直接申し込むことが出来るタイプのプラチナカードと言うのは、招待が送られて来た人だけが持てるプラチナカードよりもメリットが低い傾向にあります。

プラチナカードを持ち、その特典を存分に受けたいのであれば、まずはゴールドカードを持ち優良顧客となり、インビテーション(招待)が来るのを待つ方が安全かもしれません。

また、贅沢な部分での特典が多いカードであり、更に年会費も高くなってしまうので、必要と思う方は限られているかもしれませんね。

初めてクレジットカードを持とうと思った時に、ゴールドやプラチナを持つ事は十分可能ではあるものの、やはり基本的にはある程度一般カードで利用実績を作った上で、カード会社からの招待を待った方が安全と言えます。

ゴールドカードであれば、プラチナカードよりも持ちやすくなっていますし、旅行保険等普段利用しやすい特典も多くなっているので、いきなり申し込んでみてもいいかもしれませんが、プラチナカードはカード会社から認められた方への発行というのが基本となっていますので、いきなり直接申し込むと言うのは少しハードルが高いと考えられるかもしれませんね。

また、自分が今後どのようにカードを利用して行きたいかという点も重要となってきます。

ステータスの為に、利用しないゴールドカードを持っていても、年会費を無駄に支払うこととなってしまいますし、プラチナカードのインビテーションが届いたとしても、普段贅沢をしない方であれば、持つ意味がありません。

自分の利用方法にそのカードの特典が相応しいと考えられる時に申し込みを行うといいでしょう。

このページの先頭へ