クレジットカードの現金化とは?

クレジットカードの現金化とは?
クレジットカードの現金化は、お金に困っているけれど消費者金融から借り入れることは出来ないという方にとって、とてもメリットの高い方法だと言われています。

借り入れ申し込みや審査を受けることなく、直ぐに現金を手にする事が出来るからでしょう。

では、どのようにして、クレジットカードで現金化を行うのでしょう?

現金化の方法としては、自分で行う場合と、業者に依頼する場合の2種類があります。

今回は、それぞれの方法や、メリットデメリット、違法性などについてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

1.クレジットカード現金化の方法とリスク

クレジットカード現金化には様々な方法がありますが、主に、カードで不要な商品を購入し、手にした商品を転売し、現金を手にする方法をクレジットカード現金化と言います。
クレジットカード内にあらかじめ設定されているキャッシング枠を利用して現金を手にするのではなく、あくまでもショッピング専用のショッピング枠を利用して、現金を得る形となるのです。

今はこの様な現金化を望んでいる顧客が増加しているため、クレジットカード現金化専門の業者も多く存在しますし、その方法も多種多様化してきています。

しかしこれは、クレジットカード会社が望んでいる正規の使用方法ではないため、万が一カード会社に現金化を行っている事実が知られてしまうと利用停止や強制解約などの処分を受けることになってしまいます。これは大きなリスクです。

クレジットカード現金化は、違法ではないものの、きわめて黒に近いグレーゾーンとも言える行為ですので、実際にはあまりお勧めできない方法ではありますが、同時にメリットも高いため、希望する顧客も業者も増加の傾向にあるのが実情です。

2.業者に依頼するクレジットカード現金化

クレジットカード現金化は、自分で行う場合と、業者に依頼する場合の2種類がありますが、まずは業者に依頼した場合の手続き方法についてお話していきたいと思います。

業者に依頼する場合は、オンライン上で全て完結することも多いため、とても便利だと言われています。手続きもスムーズに進められるので、直ぐに現金を手にする事が出来るでしょう。

しかし、クレジットカードのショッピング枠はあくまでもショッピングの為に利用するよう作られておりますので、ここから現金を引き出すには違法に見えないようなからくりが必要になります。

それが以下のものです。

・価値のない物をキャッシュバック付き商品として顧客にクレジットカードで購入させ、後に商品と現金をバックする方法。

価値のない商品としては、ボールペンやビー玉などが使用されます。そしてボールペン等としては考えられないほど高い金額を設定し、顧客へ販売されるのです。

その購入代金から手数料を差し引いた分がキャッシュバッグ分として顧客に支払われます。しかしその手数料も高額で、5万円の商品を購入しても実際にキャッシュバックしてもらえるのは4万円程度でしかないと言うことも充分あります。

しかし、目先の事だけを考えている方にとっては、現金で4万円を手にする事が出来るだけで救われた気持ちになるようです。

・指輪など実際に価値のある商品をクレジットカードで購入させ、今度はその指輪を買い取り、現金を渡す方法。

商品を手にする事が出来ない上に、実際にクレジット決済した金額より買い取り価格は低く設定されてしまうため、受け取った現金以上の支払いを後にしなければならなくなります。

このようなからくりを用意することで、違法で現金を貸し付けているわけではない、と逃れることが出来ているのです。

しかしこの様な、法から逃れるためのからくりは用意しているものの、最近では顧客側が業者に全て依頼し、業者は勝手にクレジット決済を行い、そこから手数料を差し引いた現金をバックする方法が主になっています。

その為、利用者の中には、このからくりを理解していない方も多くいらっしゃるかもしれませんね。

顧客側としては、「ネット上で依頼すると、難しい手続きや審査も不要ですぐに現金を渡してくれる便利な業者」と言う認識が強い傾向にあります。

勿論、お金に困っている方や、切羽詰っている方にとっては、後の損得よりも目先の問題を解決することの方が重要となってしまっているため、この様な簡単な現金化は嬉しい手続きと思えてしまうのでしょう。

但し、この手続きにはメリット以上のデメリットが多く含まれていることもきちんと理解しておくことが大切です。

スポンサードリンク

 

①メリット

審査なし

金融機関から借り入れを行う際は、必ず審査が必要になります。それまでの借り入れの返済履歴が思わしくない場合は、直ぐに審査落ちとなってしまいますね。

しかし、クレジットカード現金化の場合は、この様な審査が一切ありませんので、今までの返済状況などを心配する必要はありません。

すぐに現金を手にする事が出来る

切羽詰っている方にとっては、一刻も早く現金を手にしたいと考えていることでしょう。このような時、思い立ってすぐに現金を受け取ることが出来るのが、クレジットカード現金化のいいところです。

金融ブラックの方でもOK

個人信用情報に問題があり、いわゆる金融ブラックと言う状態になっている方でも、クレジットカード現金化であれば申し込むことは可能ですし、審査もないまま借り入れも可能となります。

換金率は一定

業者を通さずに、自分で商品を購入し、その商品を買い取り業者のところへ持ち込み、売ることで現金を手にする事も出来ますが、この場合、換金性の高い商品を見極める力がないと、換金率は50%程度まで落ち込んでしまうことも考えられます。

しかし、業者に依頼すると、一律80%~85%程度の換金率となるため、安心です。

利用停止のリスクが低い

決済代行会社を通してクレジット決済を行うため、自分で現金化を行うよりもクレジットカード会社にバレる危険性が低いと言われています。

その為、同じような現金化手続きを何度も行う事が出来ます。

②デメリット

クレジットカード契約違反

クレジットカードの現金化は契約違反となるため、もしカード会社にバレてしまうと、利用停止や強制解約の処分を受けることになります。

強制解約となってしまうと、今後カードを利用することも、新たにカードを作ることも出来なくなってしまうので、このようなリスクを抱えながらの手続きと言うのは、少し怖いですね。

カードのセキュリティー番号公表

ネット上で現金化の手続きを完了させるには、銀行の振込口座番号や、クレジットカードの表と裏のコピーを送らなければなりません。カードのコピーを送ると言うことは、そこに記載されているセキュリティー番号までも業者に渡してしまうということです。

こうすることで面倒な手続きを全て業者に委ねることができるので、その点においては便利なのですが、業者はそれをいいことに自由に好きな金額を決済させ、手数料を差し引いてきます。

約束通りではない高額な決済をされ、更に受け取った現金は決済額の半分と言うこともあり得ますし、決済だけして現金を渡してもらえないと言うことも、十分に考えられる話なのです。実際にこの様なトラブルに巻き込まれたという事件も多数発生しています。

基本的には、カードの表裏のコピーを渡す場合「番号の一部を黒で塗りつぶしてから送ること」と定められています。こうしないと、不正利用されてしまう危険性があるからです。もし、黒く塗りつぶすことなく送り、それによって被害を被ることがあっても、利用者本人の責任となってしまいます。

紛失盗難保障の対象外

通常、クレジットカード絡みの何かしらのトラブルがあったり、不正利用が発覚した場合、クレジットカード会社へ連絡するべきなのですが、元を正すと「契約違反を行い現金化の手続きをしてしまったせい」で招かれているトラブルですので、カード会社への連絡を躊躇う方が多いものです。

もし連絡をしても、契約違反があったことを知られてしまいますので、利用停止や強制解約の処分を受けることとなってしまうでしょう。

また、この様なトラブルの場合は、カードに付帯されている紛失盗難補償の対象とはなりませんので、不正利用された分の支払いも自分で行わなければなりません。

悪徳業者

クレジットカード現金化というグレーゾーンの仕事を行っている時点で、正規の会社ではないことが予測されるものですが、更にこの中に紛れて、悪徳業者も多く存在しています。

もしも悪徳業者に引っ掛かってしまうと、今後様々なトラブルに巻き込まれる危険性があります。

3.自分で行うクレジットカード現金化

業者に依頼することなく、自分でクレジットカードを利用して現金化を行うことももちろん可能です。

しかし、この場合、ある程度の知識を要求されますし、タイミングを見計らうなど考慮するべき部分が多くなります。また業者のように、依頼して1時間後に現金を手にするというスピード換金は期待できません。

自分で店舗へ行き、買い物をし、それを転売することになりますので、移動時間もかかりますし、交通費等も必要となるでしょう。

この他にも様々なデメリット部分があります。まずは自分で行うクレジットカード現金化のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

①メリット

換金率を高められる

豊富な知識のもと、上手に行えば、業者に依頼するよりもずっと高い換金率を期待することが出来ます。

手数料不要

業者に支払うべき手数料がゼロ円になるため、やり方次第では得する可能性も秘められています。

②デメリット

手続きが面倒

自分で商品を見極め購入し、その後買い取り業者へ持ちこむことになるため、時間も手間もかかってしまいます。

クレジットカード会社にバレるリスクが高い

換金率を高める為、出来れば換金性の高い商品を購入したいものですね。しかし、同時にクレジットカード会社も現金化を行われないために目を光らせています。

その為、換金性の高い商品の購入があった場合は、それが現金化するために購入されたものではないかと調べられる傾向にあるのです。換金性が高い商品を何度も購入しているとすぐに現金化がばれ、カードの利用停止となってしまうでしょう。

業者のように決済代行会社等も利用しないため、業者よりもバレる危険性が高くなります。

換金率が低くなる危険性

知識がないまま現金化を望み、適当な商品を購入し転売すると、換金率は50%以下となることも充分考えられます。自分で行うためには、様々な方向からの知識がないと損をする可能性が高くなります。

③自分でカードの現金化をする時の注意点

自分で現金化を行うためには、様々な方向からの知識が必要とお話しました。先ずは換金性が高い商品とはどのようなものか知る必要がありますね。

換金性が低い商品を購入してしまうと、転売しようとしても買い取ってもらうことが出来ないということも考えられます。こうなってしまっては、現金を手にする事が出来ないどころか不要な商品だけが手元に残り、更にその支払いにも追われることになってしまいます。

これでは意味がありませんね。

換金性が高いものというのは、以下の様な商品になります。

・商品券
・金券
・回数券
・ブランド品
・宝石
・ゲーム機
・ゲームソフト等

買い取り業者も、この様な商品であれば転売もしやすいため、たいていは買い取ってくれることでしょう。しかし、買い取ってもらえたからと言って、業者に依頼するよりも得するわけではありません。

換金率が80%以上であれば業者よりも得していると考えられますが、実際には80%以下となることがほとんどでしょう。

また、その商品の保存状態によっても換金率は変わってきます。新品未開封で、説明書や保証書等もきちんとあることが大原則ですが、ゲーム機やブランドの場合は、常に変動する流行を見逃さない力も必要となります。

さらに買い取ってもらう業者も、商品に合わせて選んでいくことが大切です。

多くの商品を扱っているリサイクルショップであれば、何を持ち込んでも全て買い取ってくれる傾向にありますが、そのような業者はそれぞれの商品に対する知識が少ないため、期待以下の換金率となることが多くあります。

ブランド品は中古のブランド品専門店、ゲーム機は中古ゲーム機専門店へ、と言うように転売する場所も選ばないと損をする事になってしまいます。

さらに、換金率が高い金券や商品券は、現金化を希望している方にとってはとても好都合なものとなりますが、このような商品は現金化目的で購入されることが多いと言うことをカード会社も十分把握していますので、カード決済ができない仕組みになっていることが多いものです。

もしカード決済が出来たとしても、現金化目的ではないかと疑われる可能性が高いため、金券を1度に何枚も購入したり、定期的に購入しているとすぐにその目的がばれてしまいます。

このように、自分で現金化を行う場合は

・換金性が高い商品は何なのか
・今、求められている商品は何なのか
・その商品を高額で買い取ってくれる業者はどこなのか
・どのタイミングでどれくらい購入するとクレジットカード会社から怪しまれないか

など、様々な点で注意深さが必要になります。

4.その他の現金化

自分で行うクレジットカード現金化は、たいていは購入した商品を転売することで成り立ちますが、これ以外で100%の換金率が期待できる方法があります。

それは、返品可能な高額商品をクレジットカードで購入し、後日返品する方法です。

この場合、返品するだけの理由が必要になりますし、返品が不可能な商品もありますので、事前確認が必要となりますが、これがきちんと出来ていると、100%換金することが可能になります。

方法としては簡単です。

まずはクレジット決済で高額商品を購入します。そしてその日のうちではなく、後日返品を行います。購入したその日のうちであれば、クレジット決済の取り消しとなりますが、後日になってしまうと取り消しを行うことが出来ないため、お店側は商品と引き換えに顧客へ現金を渡すこととなるのです。

その金額は手数料なども差し引かれず、購入した代金そのままが返ってくることになります。

勿論この方法もあまり何度も繰り返すとすぐに怪しまれてしまうので危険ではありますが、一つの手段として覚えておいてもいいかもしれませんね。(おすすめしませんが)

このように、クレジットカードの現金化には、様々な方法がありますが、クレジットカード会社との契約違反となりますので、常にリスクを背負った手続きとなってしまいます。ですので、当然当サイトでもおすすめしません。

また、欲しい現金をすぐに手にする事が出来るという点では、確かにメリットの高い方法ではありますが、一時的に現金を受け取りその瞬間を逃れることが出来たとしても、後日購入した商品の支払いがやってきます。返済期日は1カ月以内ですので、早い段階で支払い不能となってしまうことが考えられます。

もし近いうちに入金される予定があり、それまでの間のつなぎとして現金が必要な場合は安心ですが、入金予定もなく、その場しのぎで現金を手にするためにクレジットカード現金化を行う場合は危険です。

目先のことだけではなく、その後の支払いや、カードが利用停止になってしまった場合のことも考えることが大切です。

※クレジットカードの現金化はお勧めしません。他の方法を考えましょう。

このページの先頭へ