クレジットヒストリーとは?

クレジットヒストリーとは?
クレジットヒストリーと言うのは、過去に利用した借り入れの履歴のことを言います。略して「クレヒス」とも呼ばれ、借り入れに関心のある方の間ではよく知られている言葉でしょう。

借り入れの申し込みをする際、このクレジットヒストリーがどの様な状態になっているかで、審査は大きく左右される事になります。

ローンを組む際や、クレジットカードを作成する際にも、クレジットヒストリーは重要な審査項目の一つとなるからです。

もし今後借り入れの予定があり、クレジットヒストリーという言葉を知らない、もしくはその内容がよく分からないと言う場合は、今後のためにも、ここでクレヒスの意味をしっかり頭に入れておくといいでしょう。

スポンサードリンク

 

1.クレジットヒストリーの種類

クレジットヒストリーは大きく分けて、2種類存在します。個人信用情報のクレジットヒストリーと、社内のクレジットヒストリーです。まずはそれぞれの違いについて見ていきましょう。

①個人信用情報のクレジットヒストリー

クレジットヒストリーと言うと、この個人信用情報のヒストリーを指すのが一般的です。

借り入れやクレジットカードの申し込みなどを行うと、その情報は全て個人信用情報機関に登録されます。ここに記載されている情報がその人のクレジットヒストリーなのです。

そして、その内容は、個人信用情報センターの会員であれば、クレジットカード会社や銀行、消費者金融等の金融機関が自由に閲覧できる仕組みになっているのです。

借り入れの申し込みがあると、金融機関では必ずその申し込み者の個人信用情報を開示し、クレジットヒストリーを確認します。その内容が好ましくない場合は、当然審査落ちとなってしまいますし、良好な履歴があれば、審査はスムーズに進められることとなるでしょう。

②社内のクレジットヒストリー

社内のクレジットヒストリーと言うのはある一定の会社内のみで確認出来るものです。

例えば、以前債務整理などを行った顧客がいたとします。まだ債務整理を行ってから5年経過していない場合は、個人信用情報に記録されているので、どの会社からもその人が債務整理者だと言うことがわかりますね。

しかし、5年経過するとその記録は個人信用情報から消されてしまうのです。そうなると、その人が債務整理者かどうかということは誰にも分からなくなってしまいます。

しかし、会社によっては、「債務整理を行った顧客」ということで一定期間を経過しても、その記録を残し続ける場合があるのです。

これはその会社のみが知る、クレジットヒストリーとなります。この他にも、様々な理由から永久に記録を残す場合があるので、いくら個人信用情報から記録が消えても、特定の会社のクレジットカードは永久に作ることが出来ないと言うこともあるのです。

2.クレジットヒストリーの内容

では、クレジットヒストリーの内容はどのようになっているのか、細かく見ていきましょう。

クレヒスの内容①属性

・氏名
・性別
・住所
・生年月日
・電話番号
・勤務先名
・勤務先電話番号
・公的書類確認日
・配偶者の氏名等

まずはこのような、申し込み者本人に関する情報が詳しく記載されています。

金融機関は、新たな借り入れ申し込みがあると個人信用情報を開示するのですが、これは、過去の借り入れ状況を調べる為であると同時に、この属性欄から過去の借り入れ時の情報を知るためでもあるのです。

申込み書に記載されている内容と、個人信用情報に記録されている属性が同じであれば、それだけで本人であると言う確認がとれるため、信用性も上がりますね。また、過去に借り入れしたときと勤務先や住所が変わっていなければ、勤続年数も長く、住居も安定しているという事が窺えます。

申し込みを受け付けた会社はこの様な様々な角度から信用性を確認しているのです。

しかし、もしここに記載されている内容と、申し込んできた内容に違いがあると、信用性は一気に下がってしまうので、本人確認や在籍確認の電話がかかってくる可能性も高くなります。

申込み書に記載された内容と、個人信用情報に記録されている情報が違っていると言うことは、転退職や引っ越しがあったことになりますので、転退職を繰り返す人なのではないか、その度に収入が不安定になるのではないか、賃貸ですぐに引っ越しがしやすい状況なのではないか、その為に今後連絡不能となってしまう可能性もあるのではないか、と疑われてしまうからです。

信用を無くさないためにも、転職や引っ越しがあった場合は、あらかじめどのような理由でそのような状況になったのか、と言うことを申し込みと同時に説明しておくといいでしょう。

スポンサードリンク

 

クレヒスの内容②契約内容

・契約の内容
・契約の種類
・契約終了予定日
・支払回数
・契約年月日
・契約額
・極度額
・キャッシング枠
・商品名(数量、回数、期間)等

今現在契約している借り入れの詳しい内容がここに記載されています。また、借り入れと認識していない方も多いようですが、携帯電話の分割払いに関することもここに記載されます。

携帯電話を購入すると、その機種代を2年間の分割払いにする方が多くいらっしゃいますね。月々の携帯電話使用料と一緒に引き落としとなるため、気づいていない方もいるかもしれませんが、これもまた分割の借り入れ契約と同じ扱いとなってしまうのです。

ですから、携帯電話を持ったら、クレジットヒストリーを汚さないためにも、支払いを怠らないよう注意することが大切です。

クレヒスの内容③割賦販売法の登録内容

・割賦残債額
・年間請求予定額
・支払い遅延の有無
・遅延発生日
・遅延解消日

クレジットカードのリボ払いを利用している場合、この欄に記録が残ります。リボ払いをしていること自体は問題ありませんが、毎月限度額ギリギリまで利用していたり、支払いに遅延があったりすると今後の借り入れが難しくなります。

余裕を持った使い方をし、確実な返済を心がけることが大切です。

クレヒスの内容④貸金業法登録内容

・確定日
・残高
・契約額
・極度額
・商品名
・貸付日
・貸付額
・出金額
・次回支払予定日
・遅延の有無
・担保、保証人の有無
・終了状況

他社の借り入れがどれくらいあるのか、その利用限度枠はどれくらいなのか、と言うことがここでわかります。勿論こちらも借り入れがある事自体は問題ありませんが、遅延があった場合その記録も残ってしまうので、危険です。

クレヒスの内容⑤支払い状況

・報告日
・請求額
・入金額
・残債額
・キャッシング残債額
・返済状況
・異動発生日
・経過状況
・保証履行額
・金額
・終了状況等

ここでは、借り入れに対しての支払い状況がどの様になっているかを確認することができます。もしも返済状況欄に「異動」と言う文字が残っていると、自動的に審査落ちとなってしまうでしょう。

返済状況の欄に「異動」があると言うことは、返済日から3か月以上(61日以上)経過した延滞があることを指します。しかし、延滞を解消したとしても、そのローンを完済し、更に5年経過しないと「異動」という文字を消すことが出来ない仕組みとなっています。

1度異動の文字がついてしまうと、その後5年間はその記録に悩まされ続けてしまうということです。

ですから、延滞は3か月以内(61日以内)には必ず解消するよう気をつけることが大切です。

クレヒスの内容⑥入金状況

ここでは過去2年間の借り入れに対する返済状況がわかります。

横に1月、2月、3月・・・と月ごとに記号を記せるだけの欄が設けられ、その年のその月にどの様な支払いを行ったかと言うことが一目瞭然となっているのです。一番左側が直近の入金状況となっており、右に行くにつれ過去にさかのぼっていくことになります。

ここを見るだけで、請求額に対してきちんと支払いがなされたのか、もしくは延滞したのか、延滞したのだとしたら2年の間に何回あるのか、ということまで、全てわかるようになっているのです。

この欄の中には特殊な記号が多く使用されています。文章ではなく記号で記すことで、一目見ただけで履歴がわかると言うメリットがあります。しかし、記号の意味が分からなければ仕方ありませんね。

入金状況に使用されている記号の意味は以下のものとなります。

$・・・その月の請求額通りに入金があった、もしくは請求額以上の入金があった場合、このマークが付けられます。

A・・・その月の請求額通りに入金がなかった場合、このマークが付きます。入金が遅れた、延滞があったという証拠となってしまうので、この記号が一つでもあると、信用をなくしてしまいます。

B・・・顧客の事情ではなく、他の事情により入金がなかった場合、このマークが付きます。

C・・・入金はないけれど、その理由がわからない状態の場合、このマークが付きます。

P・・・その月の請求額全額ではなく、一部だけ入金された場合に、このマークが付きます。

R・・・顧客以外の方から入金があった場合にこのマークが付きます。

-・・・請求も入金もなかった場合、このマークが付きます。

空欄・・・クレジット会社からの情報更新がなかったと言う意味ですので、その月、クレジットの利用がなかった場合などが考えられます。

この中で特に重要なのが、「$マーク」と「Aマーク」です。

毎月$マークが記載されていると、頻繁な利用があり、返済も確実だと言うことがわかります。

金融機関は、利用頻度が高く確実な返済を行える方を好みます。ですから、返済状況は悪くはないけれど、それ程利用回数も多くはないという方よりも、$マークの多い、頻繁な利用があり確実な返済が繰り返されている顧客の方が審査に通過しやすい傾向にあります。(※金融機関によっては、入金があっても$マークを付けない場合もあります)

しかし、空欄や$マークが並ぶ中に一つでもAマークが付いていると危険です。

入金し忘れや、たまたま残高不足で引き落としがなされなかったという理由であったとしても、返済日を1日でも遅れてしまうとAマークがついてしまい、その後2年間は消すことが出来ないので、このAマークにより借り入れが難しくなってしまったという方も多くいらっしゃるのです。

特に携帯電話の支払いの場合、注意が必要です。

携帯電話の分割返済は最長でも2年と言うことがほとんどですね。2年以上の分割払いであれば、新しい入金状況が更新されるたびに古い順で過去の記録が消えていきますので、Aマークが消えることをただ待てばいいのですが、2年以内の分割払いの場合、2年経過したのち更新されることがないので、その入金状況がずっと残ったままになってしまうのです。

この記録は、完済してから5年経過しないと消すことが出来ません。

借り入れを申し込んだ際、初めての金融機関なのに以前の勤務先と変更になっていることを知られていたり、過去の借り入れに関する情報を元に審査が進められるのは、この様なクレジットヒストリーを確認されているからなのですね。

きちんと返済を行っている方にとっては、このクレジットヒストリーがあることで初めての金融機関でも信用してもらうことができるため、とてもメリットの高いものとなるのですが、過去に延滞をした経験がある方にとっては、不都合なものとなってしまうかもしれませんね。

ブラックリストに良くない記録が残ってしまった方は、そのローンを完済してから5年経過し、記録が消えることを待ってから新規の借り入れ申し込みやクレジットカードの申し込みをする事が大切です。

不安がある方は、個人信用情報を自分で確認してみるといいかもしれませんね。

発行手数料として1000円かかってしまいますが、パソコンやスマートフォン、郵送、窓口などから申し込み、開示することが出来ます。

新規の申し込みをする前に、どの様な状況になっているか確認出来ると安心ですし、申し込みをするべき時期を調整することも出来ますね。

このページの先頭へ